2019年の貯蓄額

2019年の貯蓄額

こんにちは。2019年にどれだけ貯蓄できたか発表します。

2019年は

夫が固定給になる(残業代がなくなる)

マイホームを建てて住宅ローン支払いが開始

という家計にとってはマイナスの出来事が発生し(;´Д`)

出ていくものが増えるのに入ってくるお金は減るという、今後大丈夫なの?な状況です。家計の見直しは必須です…。

まずは先取り貯蓄分から。先取りというのはその月のお給料から貯蓄額をあらかじめ決めておいて、先に貯蓄口座へ移してしまう方法です。

先取り貯蓄額

8月と12月はボーナス分の貯蓄があって多いです(貯蓄する月がずれてますが、夏のボーナスは6月でした)

前半はまだマイホームではなく賃貸アパートに住んでいたので余裕があったんですが、後半は減速気味。というか貯蓄できてない月もあるのはとにかく家を建てるにあたって先立つものが必要で、貯蓄どころではなかったという…。

先取り貯蓄分は合計3,908,000円でした。ですが、ここから様々な支出が。

貯蓄から支出した額

我が家では、毎月の収入から貯蓄額を決めて、その月にある大きな特別支出(車検など)はその月の貯蓄額から差し引くと決めてます。

なので最終的な毎月の貯蓄額は当然バラつきが出るんですが、今年はもうマイホーム関連の支出が多すぎて、毎月の先取り貯蓄額では相殺できない事態に。

そんな訳で貯蓄口座からどんどんお金を出したので、実際の貯蓄額は上で書いた先取り貯蓄額から大きく減ります。

先取り貯蓄って何だろう…(困惑)

毎月いくらの貯蓄ができたのか、まるで把握できてない。これって先取り貯蓄とは言わないのでは…?

いや、こういういざって時のために貯めておいた貯蓄を使えたんだからいいのか?いいんだいいんだ!気にしない!

支出したもの一覧

  • 固定資産税 89,000円
  • 土地登記費用 145,000円
  • 火災保険 476,000円
  • 家電 196,000円
  • 追加工事 137,000円

何か記録漏れしてそうで恐ろしいですが、合計1,043,000円ですね。

2019年の本当の貯蓄額

というわけで、先取り貯蓄額から上記の支出を引いて、

2,865,000円

が2019年の貯蓄額となりました。

私が働いてないのでやはり共働き世帯に比べると少ないと思います…。しかも2019年はアパート暮らしで住居費が抑えられていた時期が長かったのでこれだけの貯蓄額となりましたが、2020年は貯蓄ペースが落ちるのは確実です。

パートでもいいからとにかく収入を増やした方がいいのは分かっているんですが、現実的にはもう少し子供に手がかからなくなってからになると思います。就活しながら保育園探しはきつすぎる…。

実は株の配当金とかもありますが、大した額じゃないので割愛。というか全然把握できてない。預金以外の資産についてはまた別でまとめます。

【2020/1/14追記】

2019年の生活費をまとめました。

年間でおよそ6万の赤字(゚Д゚;)

この分を貯蓄から引くことになりました…。ので、

貯蓄額は2,805,000円でした…。

(´;ω;`)



ポチっと押して下さると励みになります(〃▽〃)ポッ
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄(30代)へ